ホルモン治療や漢方治療で子宮筋腫を治す事が出来る

女性医師

母体保護法の観点から考察

苦しむ女の人

妊娠が判明した時には産むかどうか迷う事もあるでしょう。考えた結果妊娠中絶をすると決めたら大阪で手術を行いましょう。妊娠周期や健康状態は個人によって差がある為、慎重な検査が必要です。

More Detail

リバウンドを繰り返す人

ウエスト

大阪のダイエット外来では個人に合ったダイエットを提案してくれます。必要に応じて薬の処方を行ったりダイエットメニューを提案してくれたりします。リバウンドを繰り返している人は一度大阪のダイエット外来を受診してみましょう。

More Detail

婦人科の腫瘍

レディー

生理時に腰痛や頭痛に悩む方は多いのですが、時に耐えがたい程の症状に見舞われた場合には子宮筋腫を疑った方が良いでしょう。子宮筋腫の場合には生理時の経血量が多く、経血に塊が多く混ざっている事もあります。その為、体内の血液が不足して貧血に陥る人も多いのです。子宮筋腫の疑いがある人の中には、長い期間生理になる人も多く、通常は3日から5日程のサイクルで終了する生理が10日以上になる事もあります。又、子宮筋腫の症状が進行していると下腹部にしこりを感じる事もあります。仰向けに寝た状態で下腹部に張りたしこりを感じる様であれば子宮筋腫が大きくなっている状態かもしれません。子宮筋腫になる人の傾向はいくつか存在するものの、これといった明確な原因は未だに判明しておらず、その為多くの成人女性が子宮筋腫になってしまう事もあります。子宮筋腫になる人の多くは成人した女性であり20代から40代頃だと言われています。10代や閉経後の女性には子宮筋腫患者が少ない事から、女性ホルモンとの関係が子宮筋腫の原因とも考えられています。子宮筋腫になった場合は必要に応じた治療が必要になってきます。子宮筋腫は癌の一種になりますが、他の箇所に転移する事が無い為完全な完治が可能です。主にホルモン治療や漢方治療で対処していきます。ホルモン治療は体質によっては副作用が強く出てしまいますが治療による効果が高いです。漢方治療では血の巡りを良くし、血液を正常に作り出せる体作りを目指していきます。

細胞の老化が原因で不妊

看護師

妊娠を望むカップルの中には中々妊娠できずに不妊に悩む方もいます。不妊の原因は様々ですが未だに多くの人々が女性側に問題があるのではと考えていますが、実は男性も精子検査を行わないと精子が老化している場合もあるのです。

More Detail